ソフトバンクら、Beyond 5G/6Gに向けたテラヘルツ無線通信用の超小型アンテナを開発

ソフトバンクら、Beyond 5G/6Gに向けたテラヘルツ無線通信用の超小型アンテナを開発
ソフトバンク、東海国立大学機構 岐阜大学、情報通信研究機構、National Research Tomsk State University/Tomsk Polytechnic Universityの研究グループは、6月18日にBeyond 5G/6G時代を見据えた300GHz帯テラヘルツ無線で動作する超小型アンテナ開発成功を発表した。

 テラヘルツ無線は、5Gのミリ波帯と比べてより広い周波数帯域が利用可能。超高速無線システムの候補として期待されている一方、伝搬損失が大きいため利得の高いアンテナの開発が必須であり、かつスマートフォンなどへの実装を前提とした小型で利得の高いアンテナの開発が必要となっていた。
[ITmedia]