オンラインでつながり始めたアクティブシニアたち

オンラインでつながり始めたアクティブシニアたち

 オースタンスが運営する「趣味人倶楽部」は、35万人が登録する主にシニア層の“趣味人”が集まるソーシャルネットワークサービスだ。多様な趣味を楽しむアクティブシニアたちが、時間や場所といった制約を超えてコミュニケーションする場として、DeNAが開発・運営していたが、2019年5月にシニア向けのアーティスト支援などを手掛けていた平均年齢20代後半という若いオースタンスに事業譲渡された。
 オースタンスで広報を担当する佐藤璃子氏は「もともと“私の好きが世界を動かす”というコンセプトで立ち上げたベンチャーでしたが、年配の世代にエネルギッシュで新たな感性をもたらしてくれる人たちがいることに気付き、(自分たちの世代だけではなく)シニア世代の持つエネルギーを事業の中心に据えようと考えた」と話す。