郵便局がキャッシュレス決済を本格導入

郵便局がキャッシュレス決済を本格導入
日本郵便は2020年2月から順次、郵便局の窓口においてキャッシュレス決済を導入する。第1弾として、同年2月3日に全国の65局で導入し、同年5月までに全国の約8500局で導入される予定。
郵便局でのキャッシュレス決済は、以下の代金の支払いで利用できる。
?郵便料金や荷物(ゆうパックなど)の運賃
?切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く)
?カタログや店頭で販売している物販商品

対応するキャッシュレス決済は
?Visa
?Mastercard
?JCB
?American Express
?Diners Club
?UnionPay(銀聯)
FeliCaを利用した非接触決済は
?iD
?QUICPay/QUICPay+
?WAON
?交通系電子マネー(Kitaka、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
スマートフォンを用いたコード決済は
?ゆうちょPay
?Amazon Pay
?au PAY
?d払い
?LINE Pay
?メルペイ
?Origami Pay
?PayPay
?楽天Pay(アプリ決済)
?Alipay(支付宝)
?WeChat Pay(微信支付)
郵便局のキャッシュレス決済は、郵便局のPOSレジとパナソニック製のモバイル決済端末をBluetoothで連携することで行う。