一部のMacBook Pro 15インチ、機内持ち込み禁止のおそれ

一部のMacBook Pro 15インチ、機内持ち込み禁止のおそれ

Appleは6月20日(米国時間)、「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム – Apple サポート」において、2015年9月から2017年2月までの間に販売された15インチMacBook Proなどにバッテリーの問題があるとし、自主回収プログラムを発表した。

同サイトにおいてシリアル番号を入力することで、対象となるMacBook Proが問題の対象となっているかどうかを調べることができる。

この問題に該当するMacBook Proは、今後飛行機への持ち込みが禁止される可能性があり注意が必要だ。Independentは8月15日(英国時間)、「Some MacBooks banned from flights in case they overheat and catch fire」において、この問題に該当するMacBook Proは飛行機内に持ち込むことができなくなると報じている。バッテリーの加熱によって搭乗している人々を危険にさらす可能性があることから、持ち込みは禁止されると説明している。

Appleは既に該当するMacBook Proのバッテリー交換プログラムの提供を開始している。該当するプロダクトを使用している場合は早期に交換プログラムを適用することが望まれる。

マイナビニュース / 2019年8月16日