12月タブレット向け検索エンジンシェア、発表 

12月タブレット向け検索エンジンシェア

Net Applicationsから2018年12月のタブレット検索エンジンシェアが発表された。2018年12月はBaiduとYahoo!がシェアを増やし、Google、Bing、Yandexがシェアを減らした。

タブレットデバイス向きの検索エンジンはシェアがそれほど大きく増減することはなく、通年で横ばいという結果となった。シェアとしては、Googleが常に80%以上を確保して、1位をキープしている。

Baiduは2018年4月および2018年7月にそれぞれ10%を超えるシェアを記録しているが、それ以外の月は10%未満のシェアにとどまっている。しかし、それでも3位のBingと比較して2倍以上のシェアを確保しており、タブレットデバイス向けの検索エンジンとして一定の存在感を示している。