ドコモが信用スコア提供

ドコモが信用スコア提供 金融機関が融資に利用
 NTTドコモが、回線契約者の情報を使った個人の信用スコアの提供サービスに乗り出す。信用スコアを金融機関に提供し、金融機関が融資審査に利用する。「ドコモが取得しているビッグデータからお客さまごとの信用スコアを算出する。金融機関はそれを利用して、お客様に最適な融資プランを提供できる」(NTTドコモの吉澤和弘社長)

 信用スコアは「ドコモスコアリング」と呼び、契約内容、回線の利用期間、携帯料金の支払い履歴、コンテンツ・サービス利用状況などからスコアを算出する。スコアは金融機関だけに提供され、利用者は自分のスコアを知ることはできない。

 また、家計簿アプリ大手のマネーフォワードと提携し、マネーフォワードが持つ個人の銀行口座連携機能をもとに、最適な返済計画を提案する機能も提供する。さらに、ドコモが提供するサービスと連携し、ドコモの送金・決済サービス「ドコモ口座」に融資額を入金し、それをセブン銀行のATMから出金することも可能だ。

 回線契約者情報を用いた信用スコアサービスは、ソフトバンクとみずほ銀行が合弁会社「J.Score」を通じてすでにサービスを提供している。ドコモは今後、全国の金融機関にも順次信用スコアを提供していく計画だ。