マルチデバイスホームページシステム【アットメール】は、
パソコン・タブレット・スマホ・ガラケー全ての端末に対応、アクセス解析・ショッピングカート・メルマガ配信を標準装備、35ヶ国語自動翻訳・SNS自動連動・複数ブログ・簡単動画設定などのオプションもご用意。CMSなので自分で画面編集ができます。サーバー容量無制限。全国49,000社で稼働中。

HOME

最新のお知らせ


2018年11月11日 : 「5Gは既に現実」
「5Gは既に現実」、2019年から始まる商用サービス本格化
エリクソン・ジャパンは2018年11月8日、東京都内で「エリクソン・フォーラム2018」を開催し、次世代携帯電話通信技術である5GやIoT(モノのインターネット)の技術動向を紹介。併せて、エリクソンの戦略について説明した。

 エリクソン・ジャパン 社長の野崎哲氏は冒頭で「5Gは既に現実」と語り、ベライゾン(Verizon)が2018年10月に米国内で商用サービスを開始したことを取り上げた。米国では、ベライゾンに続きAT&Tが2018年12月に、そしてスプリント(Sprint)とTモバイル(T-Mobile)が2019年上期に5Gの商用サービスを始める計画だ。なお、ベライゾンとAT&Tは宅内ブロードバンド通信のラストワンマイルとなる固定無線アクセス向けで5G通信の利用を始めるが、スプリントとTモバイルはスマートフォンなどのモバイルブロードバンドでの5G通信に焦点を当てている。

2018年11月5日 : 2つ折りスマホ
柔軟性あるディスプレイ搭載の折りたたみスマホ、中国メーカーが発表

 世界初となる折りたたみスマホを、中国のメーカーRoyole(柔宇科技)が発表しました。2012年に設立され、柔軟性のあるディスプレイやセンサーを手がけてきた新興企業です。

 折りたたみスマホ「FlexPai」は、柔軟性のある7.8インチ薄型ディスプレイ(1920×1440ピクセル)を搭載。真ん中からディスプレイを外側にして折り畳めるようになっています。テストで20万回以上の折り曲げに耐えたとのこと。折りたたむとデュアルディスプレイになり、それぞれ独立して使うことも、連携させることも可能。ディスプレイを開いたときも2画面分割ができます。

 CPUはQualcommの「Snapdragon 8」、OSは独自の「Water OS」を採用し、2000万画素望遠カメラと1600万画素広角カメラを搭載。ストレージは128GBと256GBの2種。RoyoleのWebサイトでは開発者向けモデルを1588ドル(約18万円)からの価格で販売しています。

2018年10月26日 : 偽装アプリに注意
ウイルス対策を偽装したAndroidアプリに注意

Google Play上で、ウイルス対策としてアップロードされているセキュリティアプリの中に、セキュリティ機能を持たないものが存在することが判明した。これらのセキュリティアプリは広告を表示し、効果のない疑似セキュリティ機能を実装しているという。

こうしたアプリは2018年4月の時点で35種類が存在したという。アプリは機能を検証されずに数年間存在していたようで、Google Playの統計によると累積で600万回以上インストール実績があった。すべてが正規インストールではないだろうが、それでも多くの人がインストールしたのは間違いない。これらのアプリには有料アップグレードでセキュリティを強化するとうたっているものある。

セキュリティ機能は稚拙で、正統なアプリを脅威と認識したり、自身をリスクあるアプリと検知したりする。こうした誤検知だけでも迷惑な話だが、問題は保護レベルがまったくないにも関わらず、使用者が「導入したから安全」という間違った意識を持ってしまうことだ。

すべてのアプリにいえることだが、インストールはきちんと下調べをしてから行うことが重要だ。現在、この35種類のアプリは削除されている。

2018年10月20日 : ドコモが信用スコア提供
ドコモが信用スコア提供 金融機関が融資に利用
 NTTドコモが、回線契約者の情報を使った個人の信用スコアの提供サービスに乗り出す。信用スコアを金融機関に提供し、金融機関が融資審査に利用する。「ドコモが取得しているビッグデータからお客さまごとの信用スコアを算出する。金融機関はそれを利用して、お客様に最適な融資プランを提供できる」(NTTドコモの吉澤和弘社長)

 信用スコアは「ドコモスコアリング」と呼び、契約内容、回線の利用期間、携帯料金の支払い履歴、コンテンツ・サービス利用状況などからスコアを算出する。スコアは金融機関だけに提供され、利用者は自分のスコアを知ることはできない。

 また、家計簿アプリ大手のマネーフォワードと提携し、マネーフォワードが持つ個人の銀行口座連携機能をもとに、最適な返済計画を提案する機能も提供する。さらに、ドコモが提供するサービスと連携し、ドコモの送金・決済サービス「ドコモ口座」に融資額を入金し、それをセブン銀行のATMから出金することも可能だ。

 回線契約者情報を用いた信用スコアサービスは、ソフトバンクとみずほ銀行が合弁会社「J.Score」を通じてすでにサービスを提供している。ドコモは今後、全国の金融機関にも順次信用スコアを提供していく計画だ。