マルチデバイスホームページシステム【アットメール】は、パソコン・タブレット・スマホ・ガラケー全ての端末に対応、アクセス解析・ショッピングカートを標準装備、メルマガ配信・35ヶ国語自動翻訳・SNS自動連動・複数ブログ・簡単動画設定などのオプションもご用意。CMSなので自分で編集更新ができます。サーバー容量無制限。導入実績全国累計50,000社を超えています。

HOME

ブログ


2021年1月10日 : オンライン帰省でタブレットがバカ売れ? 中古iPad対前年比2.6倍に
オンライン帰省でタブレットがバカ売れ? 中古iPad対前年比2.6倍に

 コロナ禍で外出が自粛となる中、消費行動が変化してきている。中でも、年末年始に向けて需要が大きく拡大したものの1つに、タブレット端末があるようだ。スマートフォンやタブレットなど携帯電話の買い取り、販売、レンタルを行う携帯市場(東京都千代田区)によると、2020年12月の中古iPadの販売数は、前年の175台に対し451台と2.6倍に増加した。
[ITmedia]
2021年1月3日 : OPPO Reno3 Aが1万4210円、「Amazonの初売り」に「goo Simseller」が登場
OPPO Reno3 Aが1万4210円、「Amazonの初売り」に「goo Simseller」が登場
NTTレゾナントは、スマートフォン販売サイト「goo Simseller」のAmazon店で、Amazon.co.jpの年始セール「Amazonの初売り」に参加する。

 SIMフリースマートフォンと「OCN モバイル ONE」のSIMカードのセットをセール価格で販売する。

 対象商品例は、「OPPO Reno3 A」のセットが1万4210円、シャオミの「Mi Note 10 Lite」のセットが1万4210円、モトローラの「moto g PRO」のセットが9240円など。

ガラケーからスマホに変えようと考えている方はチャンス!!

2020年12月27日 : “ワイモバイル”、5Gサービスを提供開始
“ワイモバイル”、5Gサービスを提供開始
月額料金がずっと変わらない、シンプルな4G/5G共通の新料金サービスラインアップに刷新

ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、“ワイモバイル”で、5Gサービスの提供を、2021年2月に開始。

5Gサービスの提供開始に合わせて、月額料金がずっと変わらないシンプルなスマートフォン(スマホ)向けの新料金サービスとして、「シンプルS」(高速データ通信容量3GB)、「シンプルM」(高速データ通信容量10GB)、「シンプルL」(高速データ通信容量20GB)の提供を開始し、料金サービスのラインアップを刷新。
「シンプルS/M/L」は、いずれも4G/5G共通の料金サービスで、それぞれ月額1,980円、2,980円、3,780円で利用できる。「おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス(2回線目以降)」を適用すると、それぞれ月額1,480円、2,480円、3,280円になる。
2020年12月22日
ソフトバンク株式会社
株式会社ウィルコム沖縄
2020年12月20日 : ドコモの「ahamo(アハモ)」、気を付けるべき点は?
ドコモの「ahamo(アハモ)」、気を付けるべき点は?

ドコモが新料金プラン「ahamo」発表 月額2980円で20GB+5分かけ放題
申し込みやサポートはWebまたは専用アプリで
 ドコモによると、ahamoは「ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした」プランとされている。そのこともあってか、新規申し込みから各種手続き、サポートまで全ての手続きがWebまたは専用アプリで完結するようになっている。
 これに伴い、ahamoユーザーはドコモショップやドコモインフォメーションセンター(電話窓口)を利用できない。ただし、端末(SIMカード)の紛失・盗難による利用中断や端末の故障など、緊急の用件に関しては専用の電話窓口でも対応する予定となっている。
ahamoは20歳以上でないと本人名義での回線契約ができない。ただし、未成年(20歳未満)を「利用者」として登録することは可能。
 ahamoはドコモの5GエリアとXi(LTE)エリアで利用できる。一方で端末が対応していても、FOMA(3G)エリアでは利用できない。

 エリアマップを見る限り、Xiエリアは全国に行き渡っているが、海上エリア(PDF形式)など、ごくごく一部ではあるが、FOMAしか使えないエリアは残っている。ahamoはFOMA単独エリアでは“圏外”となるので注意。


2020年12月13日 : 「自分に合った携帯料金プランになっていますか?」 消費者庁、携帯料金の払いすぎに注意喚起
「自分に合った携帯料金プランになっていますか?」 消費者庁、携帯料金の払いすぎに注意喚起
 消費者庁は12月8日、携帯電話の料金プランについて、自分に合ったものを選べていないユーザーが多いとして注意喚起を行った。普段のデータ使用量を把握し、利用状況に応じて通信キャリアのサブブランドやMVNOに乗り換えるよう呼びかけている。

 MNP転出やサブブランドの詳細が分からない消費者に向けては、「電話番号を変えずに通信キャリアを乗り換えられる」「同一事業者ならサブブランドでも通信エリアは同じ」などと説明。「乗り換えの際は、手数料や違約金がかかる場合がある」など、注意点も示した。
【ITmedia】
次の5件≫


新型コロナウイルス
感染拡大防止に関するお知らせ

携帯システム研究所では新型コロナウイルス感染拡大に伴い、テレワークによるお客様対応を行っております。また企業や各種団体に対するテレワーク導入支援も承っております。テレワーク導入に関するご質問、お問合せなどもお気軽にご連絡下さい。