マルチデバイスホームページシステム【アットメール】は、
パソコン・タブレット・スマホ・ガラケー全ての端末に対応、アクセス解析・ショッピングカート・メルマガ配信を標準装備、35ヶ国語自動翻訳・SNS自動連動・複数ブログ・簡単動画設定などのオプションもご用意。CMSなので自分で画面編集ができます。サーバー容量無制限。全国49,000社で稼働中。

HOME

最新のお知らせ


2019年5月18日 : PC前でのイライラ緩和!Enterキー型クッション
PC前でのイライラ緩和!Enterキー型クッション

パソコンでの作業中、ストレスがピークに達し、キーボードを叩き壊しそうになったことがある人は必見。Enterキーの形をしたクッション『Super Big Real Enter Key』が日米のAmazonなどで密かに人気を集めています。

PCの前でイライラしがちな人が身近にいれば、叩いても問題ないEnterキー型のクッションをプレゼントしてみてはどうでしょう。叩いているうちに物に当たるのがばかばかしくなり、枕として使って一休みするなど、イライラをコントロールする術を体得してくれるかもしれません。
2019年5月11日 : au「3G」22年3月終了
au「3G」22年3月終了 ガラケー利用者減少

KDDI(au)は第3世代(3G)の携帯電話サービスを2022年3月末で終了すると発表した。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、従来型携帯電話(ガラケー)の利用者が減少したため。動画配信やネット通販などさまざまなサービスを利用できるスマホへの移行を促し、通信以外の事業を成長させる。

3Gサービスは2003年に開始した。現行の高速通信規格「4G」が普及するにつれ、ガラケーからスマホへの乗り換えが進んだ。3Gサービス利用者のほとんどを占めるガラケー利用者は減少しており、サービス終了を決めた。現在の3Gの利用者数は非公開。

終了により、3G専用基地局のコスト削減につなげる。現在のガラケー利用者にスマホへの移行を促し、ネット通販や金融サービスなど、KDDIが手がける幅広いサービスを提案しやすくする。国内の携帯電話料金は値下げ圧力がかかっており、通信以外の事業の育成に弾みをつける狙いもある。

【日本経済新聞】
2019年5月4日 : プリンタやスキャナは不要!? 
プリンタやスキャナは不要!? スマホでミニマルにペーパーレス化
スマートフォンが普及し、便利な関連サービスが増えたことで、個人単位ならプリンタレスでスキャナレスな生き方が可能になったと思う。家にプリンターやスキャナーがなくても、やり方さえ知っていれば大抵のことはスマホ1台で済んでしまう。

 封書を出す場合、多くの人は「PC上で文書を作成」「文章をプリンターで出力」「コンビニや郵便局で封筒と切手を買う」「封筒に郵便番号と宛名を記して切手を貼る」「封筒に手紙を入れて封書にする」「ポストに投函する」といった手順を踏んでいる。これは典型的な時間の浪費だ。

 そこで活用したいWebサービスが、日本郵政が提供する「Webゆうびん」。メニューの1つである「Webレター」を使うと、「手紙として送りたい内容をPDFファイルまたはWordファイルとしてアップロード」「宛先を入力」「送信ボタンをタップ(クリック)」のわずか3ステップで封書を郵送してもらえる。料金は1通97円(税込)から。

 Webゆうびんを差し出す場合、事前にアカウントを作成し、料金の支払い方法を登録しておく必要がある。ここまでの作業はPCから行った方が簡単だ。

 支払い方法はカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club)か料金後納を選択できる……が、個人で使う場合は煩雑な手続きが不要なカード払いがおすすめ。


2019年4月27日 : ソフトバンクとGoogle兄弟会社、成層圏に“基地局”構築
ソフトバンクとGoogle兄弟会社、成層圏に“基地局”構築

 ソフトバンク子会社のHAPSモバイルと、米Alphabet(Google親会社)傘下のLoonが協業する。HAPSモバイルは、成層圏を飛行する無人航空機「HAWK30」を開発している。Loonは高度数千メートルを飛行する機体と通信システムを開発済みで、既に3000万キロ以上を飛行、世界で数十万ユーザーが接続した実績がある。

 両社のノウハウを融合し、こうした技術の商用化を検討していく考えだ。具体的には、両社の機体を相互利用したり、通信ネットワークインフラを共用化したり――といった内容を検討。人工衛星の下に位置する成層圏で機体を運用し、地上での混雑や遅延を避け、広範囲の通信エリアを実現できるとしている。

2019年4月21日 : クレジットカードサイズのスマホ新登場
クレジットカードサイズのスマホ新登場

手のひらサイズに高性能を凝縮 超小型スマートフォン
クレジットカードサイズの小型サイズで使いやすい3.3型HDディスプレイ、Snapdragon435を搭載、顔認証対応。小さいだけではなく、実用性も兼ね備えています。
IP68規格の防水、防塵性能でどこに持ち運んでも安心です。
小さくても Google Play Storeのアプリ、Googleアシスタントにも対応。ジェスチャーパッド、アプリショートカットでより便利に使えます。
価格はビック特価:41,480円(税抜)
ビックカメラ.comより