HOME

ブログ


2021年10月10日 : 一般的な5Gスマホで、衛星との直接接続を実現へ
一般的な5Gスマホで、衛星との直接接続を実現へ

 もう、『圏外だ』という言い訳はできなくなりそうだ。「5G NR(New Radio)」規格の最新のアップデートによって、互換性のあるデバイスは世界中どこにいても5G(第5世代移動通信)対応の衛星で接続できるようになる。接続には、従来のような専用の携帯電話機も必要ない。
 一般的な5G携帯電話機(ただし最新の3GPP規格に準拠)が、地球を周回する人工衛星に直接接続できるようになるのは、史上初となる。実際に、Release 17の最新版で初めて、一般的な携帯電話機が、互換性のある衛星に直接接続することが可能になる。
[Dan Jones,EE Times]

2021年10月3日 : ソニーがワイヤレスヘッドフォン発売
ソニーがワイヤレスヘッドフォン発売

ソニーは、10月8日に完全ワイヤレスヘッドフォン「WF-C500」とヘッドバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WH-XB910N」を発売する。市場想定価格(税込み)はWF-C500が1万1000円前後、WH-XB910Nは2万6000円前後。
WF-C500は圧縮音源をCD音質相当にする高音質技術「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」を搭載し、専用アプリ「Sony | Headphones Connect」で好みの音質にカスタマイズも可能。左右同時伝送方式で安定した接続を実現し、左右の本体いずれも片側で音楽再生やハンズフリー通話が行える。
2021年9月26日 : 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了

 スマートフォンの普及や5G通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。3Gが終われば従来型携帯電話(ガラケー)の多くが利用できなくなるが、高齢の利用者の約4分の1が「終了を知らない」と答える調査結果もあるなど不安もくすぶる。携帯電話大手は主に高齢者を対象にしたスマホ教室などで、4Gや5Gに対応した機種への乗り換えを支援しており、20年前に携帯電話に革新をもたらした3Gの終焉(しゅうえん)が近づいている。
2021年9月19日 : 携帯料金競争再び KDDIは楽天より安く
携帯料金競争再び KDDIは楽天より安く

KDDIが13日、携帯電話のオンライン手続き専用のブランド「povo(ポヴォ)」について、楽天モバイルと同様に月額基本料金が無料となる新たな料金プランを発表したことで、携帯各社の値下げ競争は再び熱を帯びてきた。新プランでは、基本料金を0円として事実上撤廃し、90日間でデータ通信量60ギガバイトまで利用できるサービス(税込み6490円)などを追加購入する。9月下旬から始める。月額2728円で提供していた20ギガバイトの従来プランは新規受け付けを終了する。

 新プランを月当たり20ギガバイトとして換算すると月額約2160円となる。同じ20ギガバイトまでの通信量帯でみると楽天モバイルの2178円より安く、大手4社の中で最安水準となる。
2021年9月12日 : 折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」
折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」を発売する。

KDDI、沖縄セルラーは、折りたたみスマートフォンとして世界で初めて防水 (IPX8) とおサイフケータイ (R) に対応し、折りたたみならではの新たな利用体験を可能とする「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」を2021年10月上旬以降発売する。



新型コロナウイルス
感染拡大防止に関するお知らせ

携帯システム研究所では新型コロナウイルス感染拡大に伴い、テレワークによるお客様対応を行っております。また企業や各種団体に対するテレワーク導入支援も承っております。テレワーク導入に関するご質問、お問合せなどもお気軽にご連絡下さい。